Welcome to my homepage

永久脱毛とは違う効果なのか

近年、数ある方式の中でも多くの人に選ばれ、利用されているフラッシュ脱毛ですが、これに関して抱かれることが多い疑問が、永久脱毛なのか否かという点です。

確かに脱毛と聞くと、一度完全に処理してしまえばもう二度と生えてこないという認識を持っている人も多いですが、実は必ずしもそうであるとは言えません。

そもそも現在永久脱毛の定義とされているのは、完了後1ヶ月時点で毛の再生率が20%以下、という状態です。

この定義から考えればエステサロンのフラッシュ方式も人によっては該当するとも言えますが、実は現在厳密な意味で永続的な効果が立証されているのは、絶縁針を使用したニードル方式しかありません。

というのも、そもそも永続的な効果を期待する為には当然ながらムダ毛の成長の要である毛乳頭を破壊し、その活動を停止させる必要がありますが、この処置はエステサロンでは行うことができない医療行為に該当します。

故に、エステサロンのフラッシュ機器は、医療従事者ではないエステティシャンでも取り扱うことができるよう、毛乳頭を破壊しない程度の出力に設定されているので、厳密な意味では永久脱毛とは言えないのです。

ちなみに、医療機関で受けられるレーザー方式はまだ歴史が浅い為永続性の立証はなされていませんが、ニードル方式同様に毛乳頭を破壊することができるので、永続性が期待できると考えられています。

では、エステサロンのフラッシュ脱毛では不十分なのかと言えば、決してそうではありません。

毛乳頭を破壊しない処理であっても、肌にダメージを及ぼさず繰り返し毛根にダメージを与えることによって毛の再生力が弱まり、十分な減毛効果を得ることができます。

また、フラッシュ脱毛の効果の現れ方には個人差が大きいことを踏まえ、近年のエステサロンでは納得できる状態になるまで何回でも施術を受けられる、回数無制限コースなども提供されています。

永久脱毛とは違うとは言え、非常にコストパフォーマンスに優れた方式であることは間違いありません。


▲pagetop